HOME
»
過疎四苦八苦
»
草の根

過疎四苦八苦

草の根



草抜きをしながら考えていたこと。

庭の通路はレンガを並べてつくっている。そのわずかな隙間から草が伸びてくる。

庭らしくするためには草はないのがいいと考えて草を抜く。

特にドクダミやスギナが多いがそれだけではない。ミントやヨモギ オルレアとかオオバコなど多様だ。

形状もさることながら 根っこがさまざまで抜く難度が違う。

しっかり根っこまで抜き出せたときの軽やかな快感がうれしくて夢中になる。

そんなときには根っこの形状を観察する。地中に根を伸ばして養分を吸い取ろうとしている姿が見える。

愛おしく思いもするが 自分の都合を考えてせっせと草を抜くのだ。