HOME
»
過疎四苦八苦
»
たんぽぽの会

過疎四苦八苦

たんぽぽの会



「たんぽぽの会」という 地域の助け合いの会がある。

高齢化する地域で お互いに助け合って暮らそうという趣旨で設立されたボランティアの会だ。

その会の活動に 月1回の「たんぽぽの日」という集まりがある。

お話をしたりゲームをしたり ときには会食をするという皆さんが楽しみにされている会である。

15日にその会でお話をすることになった。そのテーマを「どう死ぬか」にしようと思っている。

これは私のテーマなのである。

「死にざま」のとらえ方は多様で 思い通りにはならないことは承知している。

「どう死ぬか」というテーマは 後に何を残すかというテーマと同じなのだ。

おカネとかものでなく あるいは消えて思い出すことがない記憶でもなく 何かの折にふと思い出す後ろ姿である。

手を合している後ろ姿の記憶は消えない。子孫に伝わる後ろ姿を残して死にたいと思うのである。

HPが引っ越しました。新アドレスは https://kidukikenkyusyo.jp/です。