HOME
»
過疎四苦八苦
»
「お」料理

過疎四苦八苦

「お」料理



土井善晴さんの特集 『別冊太陽』を買った。

これも私の追っかけの一つ。

いつものことながら「料理」を語られるとき かならず「お料理」と発言される。そのことば遣いがなんとも心地よい。

そのお料理について 本を読みながらあらためて気づいたことがある。

我が家の料理はすべて家人が引き受けてくれている。

その料理について 毎日のことながら誠実に向き合ってくれていることに気づく。

手元にある食材や調理時間。家族の体調や食事の変化。様々なことを一瞬に考えて料理を決定してくれている。

調理が始まると 切り方とか調理方法など瞬時に決めていく。

土井さんはその営みを 自然界のいのちを人間のいのちに取り込ませていただく一大事業だといわれる。

まったくその通りだ。感謝しなければ・・・。