HOME
»
過疎四苦八苦
»
七日参り

過疎四苦八苦

七日参り



お家族のどなたかがお亡くなりになると 通夜お葬式そして七日(なのか)参りが始まります。

七日参りというのは 七日ごとに初七日(しょなのか)から49日まで毎週7回読経とお話をする行事です。

実はこの行事の由来については詳しく知りません。

一説には『仏説十王経』というお経によってお参りするといわれます。あるいは大切なお方を亡くすという真実に触れた人が 仏法に出合う初めての機会として設けられた行事ともいわれます。

確かに悲しみを癒し 無常観に触れる行事ですが最近は様子が変わりました。

葬儀の後続けての初七日。中間を省略して後日49日。あるいはいきなり49日。もしくはすべてスルー。

原因は ご遺族が集まりにくい。高齢である。行事を知らない。聞法の機会とは気づかない。勤めが休めない。お坊さんが強く勧めない。

さてこれからの伝道の場はどうなるのでしょう。私は見られている。