HOME
»
過疎四苦八苦
»
お受験です

過疎四苦八苦

お受験です



事件があった共通テストからお受験シーズンが始まっています。

受験生本人はもちろんですが それより保護者の方がピリピリとかそわそわしていることも多そうです。

我が家も孫二人が受験生。内心はどうかわかりませんが本人には落ち着きを感じます。

今までやて来たことは本人にはわかっているので あとはライバル次第と割り切るからでしょうか。

保護者には 本人の内心にある受験準備の程度はわかりません。そのうえ費用などを考えると成功への期待は当然でしょう。

さらに万一不首尾だったときの失意への心配もあり 合否の事実だけでは終わりません。

いろいろな人生を見てしまった大人は お受験という行事が必ずしも人生の分岐点ではないことを知っています。

鍛錬期間の通過点の一つであり 自立に必要な脱皮時期の一つともいえます。

大人にとっては 「ゆったりと そしてあたたかく」見守りの季節です。