HOME
»
過疎四苦八苦
»
行事を中止する判断基準

過疎四苦八苦

行事を中止する判断基準



お寺の行事を中止することにしました。「護持会」という門徒さんで構成している会の総会です。

ウイルスの感染状況を共有して判断しました。

開催の是非を相談したときの最初の発言は 「自分が参加する会合も中止になったから」ということでした。

発言者にはその会合の規模や様子はわかっているのですが 他の人にはわかりません。

大人数の会合が中止になったのか 少人数の集まりであるのかわからないのです。

いずれにせよそのお方にとっては状況判断の基準になるもだったようです。

人にはそれぞれの判断の基準があり それらを共有できたとき 全体の判断になるという事例でした。