HOME
»
過疎四苦八苦
»
結果と過程

過疎四苦八苦

結果と過程



何度も考えてきたことです。そしてその結論はいつでも過程よりも結果が大事だと思い続けました。

大人の中には「違うのでは」という顔をされる人もありましたが 話し合うことはありませんでした。

世間はほぼすべてが結果で評価されるようになっています。だから結果を出そうとして苦しみます。

結果という目標をもつことの大切さは否定しませんが 今では人生は結果ではないと思うようになりました。

「人生の結果とは何だろう」と探してみてください。成功でしょうか それとも無難な相続でしょうか。

世間の動きとか評価を気にしていたら 迷路に入ってしまいかねません。

この世に人間としてのいのちをいただいたのですが そのいのちを何に使っているか。

家族や友人 職場 社会的な役割とか環境の中で どのような思いをもって過ごしているか。様々な人生の過程をどのような思いで過ごしているか。

その過程の過ごし方が 「いい人生だった」という結論になると気づきました。