HOME
»
過疎四苦八苦
»
決断とは捨てること

過疎四苦八苦

決断とは捨てること



いろいろな場面で 「決断をしなければならない」ことがあります。

そのとき 決断とは一体どういうことなのかを思い出して納得することをおすすめします。

決断とは 何かを捨てることです。

どちらを選ぶかという決断は 選ばない方を捨てるということ。

ここで考えて欲しいことは 捨てる判断基準が目先の損得であることが多いということです。

そう考えると 自分が損をする方を選ぶということは 我欲を捨てることにもなります。

特に捨てがたいのは自分の我欲であると思うと 決断の場面で損を選んで我欲から離れる体験を重ねるのも悪くないと思います。

こちらの損が相手にとっては得になることなら その関係はいつか形を変えてめぐってくることもあるはずです。

人生実験を始めてみませんか。