HOME
»
過疎四苦八苦
»
猫とお参り

過疎四苦八苦

猫とお参り



今日お参りした家には猫がいた。白と黒の猫で兄弟らしい。

お参りしていたら背中をなでる気配を感じた。

その前にお家の人が猫を追うような声がしていたので 猫が部屋に来ていることに気づいていた。

どうやら部屋を出る様子はなく 何度も背中をなでてくれていた。

おんぶをするような感覚ではなく 尻尾でなでていたのではと思ってはいたが振り向かなかったのでわからない。

読経を終えて向きを変えたときにはどちらの猫もいなかった。お説教はきらいらしい。

お家の人の話では その家の白猫は人を恐れるが黒猫は人懐こいのだそうだからたぶん黒が来ていたのだろう。

すべてを終えてお話ししていたら 2匹がお別れに入ってきた。