HOME
»
過疎四苦八苦
»
ふきのとう

過疎四苦八苦

ふきのとう



今日は企業の勉強会。おもてなしの一品には「ふきのとう」。

数日前に近くのご婦人が 「初ものです」といって4個くださった。

今日の献立を考えている人たちの横で 何か季節のモノがないかなあと考えていて思いついた。

早速くださったご婦人にお尋ねしたら 「6個見つけましたよ!」と弾むような電話。

昨日いただきに行って今日の一品に。

馳走」。文字通り走って集めたおもてなしです。

この文字がいつごろから用いられるようになったのか知りませんが ことばが生きています。

気づいていただけるかどうかは客人次第ですが 大切なことはこちらの思いの深さ強さです。

「小さなことに思いを深くする」気配りを学んでいます。