HOME
»
過疎四苦八苦
»
生きる意欲がなくなったとき

過疎四苦八苦

生きる意欲がなくなったとき



高齢になって仕事を失い これという趣味もなくて足腰が衰えた人の人生を考えています。

必ずしも高齢者ばかりとは限りませんが さらに何も食べたくないということが重なると厄介なことになります。

次第に痩せていく姿を見ていると 生きる意欲がなくなったこと感じてしまいます。

生きる意欲を失うなんてことが 実際にあるのかどうか私にはわかりません。

ある病院の院長先生が 「臨終のときはねえ すべての人は大きく息を吸って 吐けなくなって死ぬんだよ」といわれました。

そして「それは誰でも最後まで生きたいからなんだよ」と付け加えて話されたのを聞いたことがあります。

今私が思っていることは 生きる意欲をもつためには食べることが大切だということです。

「食欲の秋」といいますから まず「食べる楽しみ」で意欲を回復したらいいと思っています。