HOME
»
過疎四苦八苦
»
僧衣の基本が黒色である理由

過疎四苦八苦

僧衣の基本が黒色である理由



僧衣の基本は黒色であると思っています。そして私はこの黒色がたいそう気に入っています。

でもなぜ黒が基本なのか知りませんでした。

「黒色は 服装にしたら一番派手な色だよ」といわれたのは ニットデザイナーさんでした。

また「黒色は着る人をごまかさない色だ」という話は 山本耀司というファッションデザイナーさんのことば。

目立たないかというとそうでもなく 似合わない人の少ない色に思えます。

また他の色と組み合わせたら 他の色を生かすようにも感じます。

僧衣に限らず 礼服に黒色が多いのは そのような理由ではないかと考えています。

私が黒を好む理由は 小学校の図画の時間に すべての絵の具を混ぜ合わせたら黒になることを体験したからです。

黒はすべてに通ずる色であり すべての色が帰結する色だからと気づいたのです。