HOME
»
過疎四苦八苦
»
うれしかった

過疎四苦八苦

うれしかった



昨日の法座が無事に終わりました。

まずは 大勢のスタッフの皆さんが誠実に協力していただいたことがうれしいことでした。

コロナ禍の行事であり 参加者の出足とか密になることを心配していました。

そんな心配をよそに 最後までお願い事を守っていただき おおぜい皆さんと楽しむことができました。

なかでも ご夫婦での参加が4組もあったことは思いがけない出来事で うれしく思いました。

以前から 両親がそろってお寺の行事に参加する姿は 子どもたちの目にはどのように映るのかを想像していました。

子どもにとって親は人生を教えてくれている教師といえます。反面教師の例もありますが 親が敬虔に手を合わせたり学び続けている姿から感じてくれることはあろうと思っていたのです。

というわけで今までお願いし続けていたことが少しだけ実現したこともあり うれしい一日でした。