HOME
»
過疎四苦八苦
»
「人生の面白さを語り合うアプリ」をつくりたい

過疎四苦八苦

「人生の面白さを語り合うアプリ」をつくりたい



「あなたは何をするために時間を使おうとしていますか」。これは昨日の続きです。

「真実に出会いながら生きる面白さを語り合いながら生きたい」という答えをもっています。

人それぞれに人生があります。どのような人生を歩いていても その人生には必ず苦楽があり喜怒哀楽の繰り返しがあります。

そんな人生であっても面白くなる教えに出会いました。そしてその事実を語り合うことがまた面白いと思ったのです。

話しは変わりますが 音楽家の水野碧生さんの職業は「クラシカルDJ」というのだそうです。

具体的には何をする職業かというと 「クラシックといわれている音楽を楽しむアプリをつくるようなことです」といわれていました。

同じように「仏教に触れる面白さを語り合うアプリ」をつくるために時間を使うということもいいなあと思います。