HOME
»
過疎四苦八苦
»
「お弁当は食べないでください」

過疎四苦八苦

「お弁当は食べないでください」



自宅でお昼ご飯を済ませ くつろいでいるところに電話がありました。午前中に初盆でお参りしたお宅からの電話でした。

相手のお方 「お昼ご飯は済まされましたでしょうか」。私 「はい 今済ませたところです」。相手のお方 「お弁当に異常は感じられませんでしたか」。

状況は どうやら持ち帰ったお弁当が傷んでいたらしいのです。

「いえ 夜いただこうと冷蔵庫に入れています」と答えたら 食材の何かがいたんでいたことや調理先に問い合わせしたことなどを話されました。

我が家の昼食は 家人が準備してくれていましたので お弁当は後回しにすることにしていたのです。

電話をいただいた時間が昼食後だったので もし気づかず食べ始めたらどうなったろうかと想像しました。

時節柄食材の傷みが発生しやすいので 異常があれば当然気づくだろうと思っておられたのだろうと 連絡時間の遅れは解釈することにしました。

お互いに食中毒に用心しましょう。