HOME
»
過疎四苦八苦
»
人と本 そして旅をすすめられて

過疎四苦八苦

人と本 そして旅をすすめられて



「人と本 そして旅をしなさい」といわれるのは立命館アジア太平洋大学の出口治明学長。

かねてそれと同じことは意識していましたから あらためて反芻しています。

地方で暮らしていると 有名人と出会う機会はめったにありません。

でも同業の人や 農業とか家督を維持しているすばらしい人との出会いはたくさんあります。

真摯にそしてユニークに暮らしておられるお方のお話しは 実に楽しく刺激を受けます。

読書は好きですが 本の選び方を変えようとしています。学びたい生き方をしておられる人がおすすめの本を読むのです。

「百聞は一見に如かず」の旅からは 生き方の見直しと刺激をいただけます。

旅先で暮らしの現場の中に立っていると 悠久の流れの中のちっぽけな自分が見えてくるのを感じます。