HOME
»
過疎四苦八苦
»
天敵

過疎四苦八苦

天敵



山吹を植えようという話になった。一重の山吹である。

法面の地肌を隠そうという魂胆で考えたのである。

10本ばかり植えるつもりで注文した。

ところがその山吹には  「ハダニ」がつきやすいということを人から聞いた。

ダニが好きという人はいないが  家人は特にダニを嫌う。

自然界には「天敵」というものが必ずいるはずなので調べてみたら  もちろんいた。テントウムシなどの昆虫である。

その天敵を増やすには  庭の草花の種類を増やすことに限るという説明があった。

キレイに雑草を抜いた庭でなく  色々な草木が生えている庭がいいというのである。

それぞれの植物や動物たちが暮らしながら  それぞれの役割を果たしているということだ。

人間の好みや思いを出し過ぎてはいけないと教わっている。