HOME
»
過疎四苦八苦
»
親子の味付けは似るものでしょうか

過疎四苦八苦

親子の味付けは似るものでしょうか



家人が  娘の味付けが自分と同じようだといいました。

炊いたタケノコを送ってもらい  それを食べた時の感想です。

そして「お醤油が同じなんだ」といったのです。

幼い頃から味わって染みついた味覚は  次の世代に伝わるのは自然です。

ところがレトルト食品や  スーパーのお惣菜で育った子どもたちが親になったとき  どんな味が次の世代に伝わるのでしょうか。

便利さが横行すると  つながりが薄らき断絶も生まれるように思うのです。