HOME
»
過疎四苦八苦
»
原っぱに樹木の若木を移植する人

過疎四苦八苦

原っぱに樹木の若木を移植する人



近所の一帯では 高速道路を敷設する工事が進んでいます。

そのために知人の家屋の解体工事が行われ その現場を訪ねました。

60なかば過ぎのご主人が後片付けに行っておられました。

新しい家は別の町に設けられたのですが 山林や畑の土地は残ることになったようです。

そこでちょっとした光景に目が留まりました。その家の庭に植えてあったらしい樹木を 立ち退きにかからなかった土地に移植しておられたのです。

その場所の一角には墓地があります。そこへ行くための道を整備する意図を話されました。

やがて訪れる人も減ってくるはずの跡地に ご先祖のお墓を残しているという思いがそのような行為をさせているのだろうかと想像しました。