HOME
»
過疎四苦八苦
»
キジが歩いている風景

過疎四苦八苦

キジが歩いている風景



あたたかい日の朝でした。

出かけるとき 前庭の草の中をキジが歩いているのを見かけました。

大急ぎで車を止め 家人に「キジが来ているよ!」と携帯から電話をかけました。

きれいな尾羽根をもった雄鳥で 悠々と歩きながら何かをついばんでいました。

小鳥はたくさん来るようになっていますが カラス以外の大型の鳥の姿を間近に見ることは珍しいことです。

キジは草むらで卵を産み ヒナを育てます。そしてひな鳥が誕生すると いっしょに一列になって散歩をします。

その光景を見る日がやってくるのではないかと ついうれしくなったのです。

そのような風景が目の前にあることが 私にとっては豊かさなのです。