HOME
»
過疎四苦八苦
»
お釈迦さまでも親鸞さまでもありません

過疎四苦八苦

お釈迦さまでも親鸞さまでもありません



お釈迦さまがおっしゃったといわれている言葉をつかってお話しすることはよくあります。

親鸞さまのお言葉をお話しすることはもっとたくさんあります。

すべてそのお方が紡がれたお言葉をお借りして話しているわけです。

その言葉を 自分が紡いだように使っているのではありません。

ただ解説しているだけなのですが 正確に解説できているはずはありません。

たとえばピカソとか歌麿さんの絵を鑑賞して 作者のそのときの思いに触れることが出来ないことと同じなのです。

私にできることは 絵を見せていただくということだけです。

同じように私に出来ることは お釈迦さまや親鸞さまが紡がれたお言葉を見聞することだけ。そして自分の姿に思いをはせる。

この姿勢を忘れないようにしたいと思っています。