HOME
»
過疎四苦八苦
»
地区にある風力発電は継続するか

過疎四苦八苦

地区にある風力発電は継続するか



我が家の近所の海岸には 風力発電の風車が11基立っています。

民間企業による風力発電事業で 設立時の説明では稼働期間は12年。

期限が切れたら撤去すると説明があったと 参加者から聞いた記憶があります。

投資回収の時間があまりにも短く感じ 12年という数字ははしっかり覚えているのです。

説明会では 騒音被害とか電波障害のことが話し合われたそうでした。

現在のところ心配したような電波障害とか健康被害は聞きませんが 騒音は説明とは違いました。

風の強い日には唸るような音が遠くまで聞こえます。それにも慣れてしまって苦情にはなっていないのです。

最近になって脱炭素とかカーボンニュートラルとかいいながら 風力発電の開発に号令がかかっています。

はたして12年の約束はどうなるのか。期限が近づいてきましたが思案中なのか いまは沈黙です。