HOME
»
過疎四苦八苦
»
薬の恐怖

過疎四苦八苦

薬の恐怖



出入りの植木屋さんが消毒と施肥に来られました。

「松が黄色くなっていますね」といわれビックリ!。「マツクイムシ?」と思ったのですが そうではないようで話を聞きました。

「除草剤を使いましたか?」とたずねられたので「使いました」というと 「それが原因です」といわれました。

葉っぱから薬剤を吸収して根っこを枯らすという説明書を信じていました。

根っこだってその薬剤を吸収して かならず樹木を傷める。考えるとわかりそうなことに気づかなかったのです。

除草剤を散布すると しばらく地上はきれいです。ところが大地は毒にまみれるのです。

黄色くなりかけた松葉 変形している百日紅の枝と対面したとき 樹木の苦しみと薬剤の恐怖を感じました。

もう使いません。使わなくても気持ちが落ち着ける境内の姿を考えます。