HOME
»
過疎四苦八苦
»
葬儀業者に教わること

過疎四苦八苦

葬儀業者に教わること



お坊さんが計画された研修会の予告を見ました。

葬儀業者の方をパネラーにお迎えして ディスカッションを計画されているそうです。

宗教者と葬儀業者とはつながりがあり 必要な意思統一課題への気づきあると思われたのでしょう。

この研修会があるという予告を見たとき その意図に疑問を感じました。

ご遺族や参列者が納得される葬儀は どのような葬儀なのかを考える。
コロナ禍によって変化している葬儀の在り方を考える。

そのような研修会の意図が想像できるのですが 何よりも宗教者が葬儀をどのように理解されておられるかを明確にしておかなければなりません。

それは業者といっしょに考えることではありません。

葬儀の日を中心とした前後の時間は ご遺族や縁者が人生の真実に触れておられる時間です。

その限られた時間の使い方は ご遺族と宗教者で決めることだと考えています。