HOME
»
過疎四苦八苦
»
目まぐるしい変化に振り回されています

過疎四苦八苦

目まぐるしい変化に振り回されています



おつきあいしている金融機関から電話がありました。

JAの支所からですが 最寄りの支所ではなく車で15分先の支所からでした。

話によれば 今年から最寄りの支所では今までのようなサービスをしなくなったというのです。

そういえば無人になった駅舎を使っていた銀行も閉店しました。信用金庫の店舗も閉鎖されましたから 2年のうちに3つの窓口が消えてしまったのです。

また銀行が証券の扱いを始めたかと思えば 証券会社と窓口を一本化するとかで目まぐるしく変化しています。

一方でネットバンキングとか 店舗やコンビニでのカードサービスも充実してきましたが 高齢者には速やかになじめません。

すべて企業の都合で変化するのですが 過疎高齢化地域の住民には不便になるばかりです。