HOME
»
過疎四苦八苦
»
観光地を支える力を見ました

過疎四苦八苦

観光地を支える力を見ました



お正月から悪天候が続きました。

その間コロナ感染予防の意識もあって 外出を控えていました。

そのため運動が不足気味で気分が滅入ってきたので 散歩に出かけることにしました。

大森銀山の駐車場で車を止め 2キロくらい町並みを散歩したのです。

途中で雪かきをしている住民らしき人6人と出会いました。

自分の家の出入り口だけでなく 家の広さ以上の道を除雪しておられました。

除雪が終っている家の前には雪がなく 転倒を気にすることなく歩くことが出来 ありがたく思いました。

観光地を支えるのは その地で暮らしておられる方々の理解と力にかかっていることを実感する散歩でした。