HOME
»
過疎四苦八苦
»
大雪の日の遊びを思い出しました

過疎四苦八苦

大雪の日の遊びを思い出しました



今年初めての大雪になりました。

積雪は5~7センチくらいでしたが 風と寒さは高齢者にはこたえました。

庭に積もった雪を見てお茶を飲みながら 家人に思い出話を一つしました。

私が小学生だったころの話です。

当時の積雪は 大雪になると50センチは積もっていました。

雪が止んでお日さまが出ると 一面の銀世界が出現します。

庭の一角に籾殻やお米などを撒いて 竹で編んだ「ソウケ」と呼んでいた桶やタライで罠をつくっていました。

遠くに身を隠していて スズメなどの小鳥がやってくるのを待つのです。

罠の中に入って餌をついばみ始めたら 紐を引いて罠を落として捕えようとしたのです。

なんどか仕掛けましたが ついに一度も捕らえることができませんでした。

雪が降り小鳥が餌を探し始めると なぜか思い出す雪の日の遊びです。