HOME
»
過疎四苦八苦
»
こんな本に出合いました

過疎四苦八苦

こんな本に出合いました



『世界は贈与でできている』という 本屋さんで見つけた本を読み続けています。

おもしろいのですが なかなか一気に読めません。

興味深い記述があると そこで立ち止まり いろいろ考えるからです。

たとえば「鶴の恩返し」の部屋を覗いてはいけないわけとか 「16時の徘徊」という記述などに引っかかるのです。

いのちを助けられた鶴が 「部屋を覗かないように」と警告して 美しい布を織って男に渡す行為。

16時になると幼い息子のお迎えとして 徘徊を始める認知症の母の記憶。

なんだか如来さまのお姿のように思えて 立ち止まってしまうのです。

お返しを拒否する贈り物。
自分が気づかない贈り物。

そんなことを考えてしまうからです。