HOME
»
過疎四苦八苦
»
古民家利用の料理店で終わりたくないのです

過疎四苦八苦

古民家利用の料理店で終わりたくないのです



昨日は 近くにあるイタリアンのお店でランチにしました。

古民家を利用したのどかな場所にあるお店でとても落ち着くお店です。

地産の食材を使ってセンスのいいお料理でもてなしていただきました。

笑顔がいいオーナーご夫妻とお話しして すばらしいお話を聞くことができました。

「自分たちは飲食業で終わりたいとは思っていません」と話されました。

「ただ美味しい食事を食べていただくだけではなく この場所を使って皆さんが心を繋いでいただきたいと思っているのです」というお話しでした。

小さなイベント 子育ての情報交換や小さな展示会などが始まっています。

過疎地のど真ん中で ぬくもりを感じる時間が見つかりました。