HOME
»
過疎四苦八苦
»
葬儀の司会役に昇格しました

過疎四苦八苦

葬儀の司会役に昇格しました



都会で葬儀の司会をしておられたご婦人の話を 家人から聞きました。

そのお方は 最初から葬儀場の司会者ではなかったそうです。

初めは結婚式の司会をされていたそうですが いつの間にか葬儀の司会者になられたというのです。

そのわけを尋ねると 「結婚式の司会は体力が必要ですが 葬儀の司会にはそれが要りませんから」とのこと。

「葬儀の司会では 力みや感情を入れないで話すように」と心がけているのだそうです。

悲しみの場では それぞれが故人を思い 静かに人生をしのんでいただくように。

おめでたい結婚式では 祝意を誘導して会場が華やかに盛り上がるように。

そうであれば いっしょに参加者を盛り上げるエネルギーは若い感覚の方がいい。

思いを巡らす場には 年齢を重ねて感情を消す力がある人がふさわしい。

そのように理解したのです。