HOME
»
過疎四苦八苦
»
『正信偈』を篆刻する

過疎四苦八苦

『正信偈』を篆刻する



横浜で文具の販売や ギャラリーとか書道教室などをしているお店があります。

そこでお仕事をされているお方が 『正信偈』を石材に彫ることを思いつかれたようで その計画について2回目の相談がありました。

四角の石の柱状のものの四面に 四行ずつ正信偈の文字を刻むといわれるのです。

全部で8本の石材に 正信偈の文字840字が彫り込まれるという大変な仕事になります。

そして今回の相談は その上下に一番大切な一行を篆刻したいので その文字をいっしょに考えて欲しいという相談でした。

『正信偈』は親鸞というお坊さんが作詞なさった歌です。

いたるところに 如来の働きや信仰のよろこびがちりばめてあり 「ここが」という一行は読む人の共感で選んでいいと考えています。

そのようにお答えして 私に「今一番響く一行は」とお断りして 12行の詩を選んでお答えしました。