HOME
»
過疎四苦八苦
»
15分の神楽舞い

過疎四苦八苦

15分の神楽舞い


宿泊したお客さんサービスのために ホテルが用意した「神楽」を見ました。

上演時間は15分。出し物はオロチ。演者は3人。鳴り物はテープ。

場面は姫がオロチにのまれる場面。次にスサノオノミコトが登場し ひと舞いして退場。

姫の演者が媼に早変わりして酒樽を出す。オロチが登場し 様子をうかがいながらやがて酒を呑みはじめる。

眠りこけた場にスサノオが登場。剱を抜いてオロチをおそう。

三度くらいの見せ場があって オロチは首をとられて尻尾を舞台に残して消える。

スサノオは 尻尾を割いて剱を取り出し 喜びの舞いを一舞。

舞台は約10畳くらい。制限のある中で3人は忠実にストーリーを演じました。