HOME
»
過疎四苦八苦
»
ユーチューブでライブ中のお参りを体験しました

過疎四苦八苦

ユーチューブでライブ中のお参りを体験しました



山陰の各地の浄土真宗寺院で 年間最大行事である報恩講が始まっています。

その行事が今年は大きな変化をしています。

コロナ禍であることが原因で まずお参りの善男善女に接待するお斎という食事がなくなっています。

あるいは過密になることを警戒して お坊さんのお参りも制限され 行事時間も短縮されています。

高齢者が多い地区なら お参りも減るだろうという予想もあります。

その一方ではユーチューブによるライブ参拝が計画されるといった 新しい挑戦も生まれました。

昨日はそのお寺にお参りして 読経している様子を一部始終撮影される体験をしました。

あまり目立たない小さなカメラでしたが 行儀作法のすべてをしっかり撮影されたのです。

「威儀を崩さないように」とか「作法を間違えないように」と 新鮮な気分にしていただきました。

間違いはありましたが 新しい芽が育っています。