HOME
»
過疎四苦八苦
»
思わぬ申し出がありました

過疎四苦八苦

思わぬ申し出がありました



「○○さんのお葬式で読まれた表白のコピーがいただけないでしょうか」という申し出がありました。

お葬式の当日 申し出のご本人は参列されていましたが「耳が遠く 聞こえなかったので」といわれました。

今年からどなたのお葬式でも 故人の生涯を思いながら表白を読ませていただいております。

このたびは 一度も地元から出ることなく地元に貢献されたお姿を紹介したいと思いました。

故人が書の題材にしておられた山頭火の句から 「わかれてきた道がまっすぐ」という句に重ねて表白しました。

終わりに 故人が尽くしてくださったお寺の目的は 皆さまが「いのちの願い」に気づいてくださるを話しました。

この場は 「それを故人の遺言として読ませていただく場です」という趣旨を申し上げました。