HOME
»
過疎四苦八苦
»
「総合研究所」のお仕事

過疎四苦八苦

「総合研究所」のお仕事



お願いしていた最新のみずほ総合研究所の機関誌『FOLE』が手元に届きました。

釋徹宗先生が 『FOLE』の企画で 料理研究家の土井善晴先生と対談したとツイッターしておられて依頼していたのです。

『FOLE』というのがみずほ総合研究所の機関誌であることを調べ お世話になっている会社にお願いして入手しました。

その対談は大変面白く 深い意味のフレーズがボロボロこぼれ出ていました。

「念仏は仏教の敷居を下げ、一汁一菜は料理の敷居を下げた」とか「誰もが実践できて、全てが収まる」といったフレーズです。

対談前に 釋先生は『一汁一菜でよいという提案』を読み 土井先生は「私、先生にお会いするので考えた」と話しておられました。

お互いが相手の考えを理解して対談に望まれたので 深いお話になっていました。