HOME
»
過疎四苦八苦
»
「選ばれる人になれ」

過疎四苦八苦

「選ばれる人になれ」



デパートとかショッピングセンターを歩くと その中で多くの専門店が選ばれるための努力をしておられます。

とくに婦人服とか化粧品のお店は お店が多く大変だろうと思います。

お店の人が「選ばれるお店になる」ために 展示や接客の工夫をしておられる様子を傍観すると 「よくがんばるなあ」と同情するように眺めることがあります。

お坊さんもどうやらそのような状況になるようです。

宗派の研修会で 「選ばれる僧侶になる」ための話し合いが真剣に行われていました。

このテーマを掲げられた思いには 人々の仏教離れに対する焦りのような感じがあります。

私はお坊さんに魅力がなくなってきているからという お坊さんの責任ではないと思います。

社会により沿えない仏教に意味を感じることができなくなっているからだと思います。

お店が選ばれないのは お店に期待する商品がなく そのお店に信頼がないからでしょう。

「選ばれるために」必要なことは 価値観を複雑にしないで原点に近づけることではないかと思っています。