HOME
»
過疎四苦八苦
»
知って犯す罪と知らずに犯している罪の重さ

過疎四苦八苦

知って犯す罪と知らずに犯している罪の重さ



どこかのお寺のフェースブックに 「知って犯す罪は悪いが 知らずに犯す罪は深い」ということばが書いてありました。

以前 同じようなことばを見ていたのですが そのときは「知らずに犯す罪はより悪い」と早とちりして受け止めていました。

このたび改めて読んでみたら 「悪い」ではなく「深い」と書いてありました。

知らずに犯している罪は かならず繰り返すことになります。さらにあらためることも詫びることもありません。

その罪には底がない深みがあるという意味なのでしょう。

先日の夕方 隣の市でコロナ感染者が出たというニュースを電話で知りました。

その時点では人物を特定する話はありませんでしたが 翌朝のテレビで感染の状況が少しわかりました。

そして昼には人物まで伝わってきたのです。

情報伝達スピードの速さに驚くと同時に 特定された人のことや周囲の人たちが中傷差別を受けることになりかねないことも思いました。

「よくないこと」と知らなければ 他人に話して差別の種を蒔き散らすことになるはずです。おそろしや おそろしや。