HOME
»
過疎四苦八苦
»
いい加減な生き方

過疎四苦八苦

いい加減な生き方



帰宅すると 書斎にハチが一匹入っていました。

足長バチで 特別危険なハチではありません。外に出ようとして しきりにガラス戸にしがみつこうとしては滑り落ちていました。

いつもならハエたたきなどで打ち殺すのですが 今日はなぜかそうせずに まず着替えを済ませて書斎に行くと まだ飛び回っていました。

ガラス戸を開けてやると 簡単に外に飛び去って行きました。

なぜすぐ殺さなかったのか 自分でやったことながら理由はわかりません。

急に慈悲深くなったとか 殺生を止めようと決心していたのでもありません。なんとなく殺す気にならなかったというくらいなあいまいな理由です。

その日そのときの気分で殺生をする自分に気づき 少し悲しくなっています。

私だけなのか多くの人も同じことをするのかわかりませんが 殺されるハチとかアブにとって私はどんな人間に見えるのでしょうか。