HOME
»
過疎四苦八苦
»
押し売りさん

過疎四苦八苦

押し売りさん



子どものころ といっても小学生のころだったと思いますが 押し売りという人が来ました。

母親が応対したのですが たぶんゴム紐を買ったように覚えています。

ゴム紐の他には 歯ブラシもあったようなうっすらとした記憶があります。

家にやって来た時のあいさつに 「戦争であれこれ」といったようなことも思い出します。土間の敷台に腰を掛け 風呂敷からわずかな品物を出して並べていました。

その人が帰ったあと 「あれは押し売りだ」と母がいったので 押し売りさんという人がいることを初めて知りました。

いあ こんな昔話を突然思い出したのは お参り先でひとこと話す法話と押し売りとが重なったのです。

もちろんギャグのように思ったのですが お話しをする光景を 新人類のような人からどう見えるか考えたのです。

「お話を聞きたい」と思っておられるかどうか確かめもせず この場こそ布教のチャンスだと話しているのです。

もし確認してから始めるようなことになったとき 「ぜひ」といっていただけるようにならなけらばなりませんね。