HOME
»
過疎四苦八苦
»
初心にかえる

過疎四苦八苦

初心にかえる



ものごとを始めるときには それを行いたいと思う動機があります。

そしてその動機には いろいろな種類や性質のようなものがあります。 

そしてその動機でものごとを始め 途中で行き詰ったとき初心に帰るということを口にして ことを始めた動機を思い出す作業をすることがあります。

初心に帰ってやり直そうとするわけです。

そうすることで再出発できると思いそうするのですが 実は期待通りにはならないのです。

なぜかというと 初心が薄れ忘れられるのは 多くの場合その動機にそういう結果になる要因が含まれているからです。

私利私欲中心であるとか 身の程に気づかないままで動機が生まれていることがあるからです。

思い通りにいかないことが続くときは 初心に帰るのではなく 動機に不純なものが混じってきたからではないか点検することが必要です。