HOME
»
過疎四苦八苦
»
自宅葬

過疎四苦八苦

自宅葬



いまでは珍しいことになりましたが 昨日のお葬式は ご自宅で営まれました。

新型コロナウイルスの感染防止という理由も加わり 今では家族葬という形式が主流になりつつありますから 会場はどこでもよくなっています。

大方の弔問客は地元の人であり お悔やみのことばを申しあげるにしても 自宅でのお葬式は好都合であったと推察します。

会館でのお葬式に慣れきっていましたが 着替えのお宅もお隣に準備されていて 不自由は感じませんでした。

しかし何より お参りの方々に親しく「人生の意味」を伝えることについては 会館では実現できない雰囲気がありました。

「地獄へ落ちる生き方を重ねていること」を語り そのような生き方をしている自分を 「アミダさまが救いの目標にして誓いをたてられた」と語る。

そのようなお話を語り掛けるようにお話しすることができ 聞いてくださる方々の違和感は薄いように感じました。

そこには ストレートに仏法を語ることができる場があるように見えたのです。

新型コロナウイルスの感染警戒が続く昨今の仏教行事は 新しい布教の形と意味づけが生まれようとしている状況ともいえそうです。