HOME
»
過疎四苦八苦
»
本屋さん

過疎四苦八苦

本屋さん


本屋さんが生きのびることは大変だろうなあ と思います。

次々に出版される本がすべてヒットすることはないはずです。

早々に売れ残りの見きりをつけ 売場を新鮮な状態にしておかなくてはなりません。

読みたい本は 一人一人皆違うはずです。

昨日見た本屋さんの品揃えは 店員さんの話し合いで決められていると感じました。

お客さんが本を選ぶのですが 本屋さんに行くと お店の人から無言で選ばせてもらうのです。

作家の力と同じように 人の力で読むことになります。