HOME
»
過疎四苦八苦
»
恐竜のお勉強に出かけます

過疎四苦八苦

恐竜のお勉強に出かけます



奥出雲にある「奥出雲多根自然博物館」に行ってきます。

ここに小畠郁生さんという先生の展示室がオープンしたというニュースで ここに恐竜の展示があることを知りました。

なぜか次第に恐竜への関心が強くなっているのですが そうなった原因を知りたいと思う気持ちもあります。

自分自身のことだからわかりそうなのものですが それがよくわからないのです。

縄文文化とか 遺跡の埋蔵品や壁画を接することは比較的たくさんありました。

それが小さなつながりになってさかのぼり 今恐竜への関心まで来ているような気もしますが なぜそうなるのかを知りたいのです。

仏教で無量寿とか「いのち」のつながりのことを学んでいることと関係があるような感じもあります。

恐竜やマンモスが生きていた太古の時代が 「いのちのつながり」という事実で自分の中になつかしさが生まれているのかもしれないと思う気持ちがあります。

そんな「つながり」のことや 惹きつける要素の中身を知りたいのです。行ってきます。