HOME
»
過疎四苦八苦
»
「くらし」に向き合う童画作家のこと

過疎四苦八苦

「くらし」に向き合う童画作家のこと



昨日午後から 近くにある今井美術館に行ってきました。

「みはしたかこ原画展」を観るためでした。作品を見る限り 童画作家でした。

ほぼすべての作品には お花と子どもそして小動物がつつましい表情で描かれていました。

日常生活の中からモチーフを選んで 「あっ それわかるわかる!」という共感が湧く絵でした。

実は10年くらい前 この作家に『往生要集』の絵を描いてもらっていました。

地獄極楽を描いた『六道絵図』はなんども観ていましたが 身近な人たちにも一度は観てもらっておきたいと思いついて 作家を探したのです。

絵を描いておられる方が隣町におられることを聞いて 作風も知らず早速相談してみました。

「描いてみましょう」と引き受けていただき 八大地獄を描いていただきました。

出来上がった作品を届けていただいたとき 「図書館や宗教書をたくさん読んで イメージをつくりました」といわれ 苦労されたことを想像しました。

その地獄絵と 美術館で観る童画のイメージギャップがあまりにも大きいのに驚きました。

しかし家に帰ってから 違っているように見えてはいても 両方ともていねいに「くらしと向き合った作品」と納得しました。

今井美術館で9月13日までです。