HOME
»
過疎四苦八苦
»
蝶の気持ちがわかりました

過疎四苦八苦

蝶の気持ちがわかりました



連日梅雨の晴れ間です。

朝 網戸を開けていたら リビングに蝶が一匹入ってきました。

害をすることはないのですが 部屋中を飛び回ると 翅の粉とか天井付近のほこりを落とします。

大急ぎですべての戸を開け 家人と二人で追い出しにかかりました。

ところが興奮したのか恐怖心に襲われたのか 逃げ回るばかりで期待している出口に行かないのです。

しばらく鬼ごっこのような追いかけをしていましたら 蝶は少し疲れたようでした。

ジャロジーを備えた小さな窓にとまって休憩をする様子でしたので 大急ぎでジャロジーを取りはずしてやりました。

そうし途端に 隙間から楽々と外へ飛んでいきました。

殺そうなんて思ってもいませんでした。広々したところに出してやりたいとだけ思っていました。

それなのに思いが通じなかったのです。

恐怖心でパニックになってしまったと想像しました。人間が怖かったのでしょう。