HOME
»
過疎四苦八苦
»
お仏壇を片付けたい

過疎四苦八苦

お仏壇を片付けたい



ひとり暮らしをしておられた高齢のご婦人の妹さんから電話がありました。

「姉が施設に入居しました。借りていた家を返そうと思っています。お仏壇を片付けたいのですが どうしたらいいでしょうか」という相談でした。

「お参りして 掛けてあるご本尊を本願寺にお返ししましょう。そのあとの箱や仏具は 業者にお願いして処分してもらうことになります」といって お参りに出かけました。

田舎で暮らす独居の高齢者がお亡くなりになるなどして家が空くと その家は大方空き家になります。

子どもさんたちがおられても 田舎にはお帰りいならないからです。

ご先祖や親が大切に続けていた 信仰の形もお仏壇とともに消えることになります。

ここから新しい信仰の形も生まれるのでしょうが どのような形で芽吹くのか。

これからの社会環境という土壌で実を結ぶ 種の研究が始まっているというニュースはまだありません。

地方のお寺で研究が進むのではないかと期待しています。