HOME
»
過疎四苦八苦
»
介護

過疎四苦八苦

介護



「これは当たり前のことですよ」といわれて驚きました。

昨日お参りしたお宅には 2匹の柴犬がいます。そのうちの1匹は老犬で 介護が必要になっています。

飼い主であるご主人の仕事は 人間の介護をする介護職。人間とペットの介護をしておられるわけです。

自宅の庭にペットの介護施設ができていました。

夏の虫や蚊が入らないように金網が張られ とくにこの侵入を避けるための蚊よけ装置もしてありました。

昨日の深夜に ミルクを飲ませしばらく身体をなでで寝かしつけたそうですが 眠れないときは10分くらい体をなでてやると 安心して寝るとお聞きしました。

また視覚と嗅覚が衰えたらしく 食事介助も必要になっているといいます。食器を顔の前に持っていき 食べ終わるまで介助。

「今年の夏まで生きられるかどうか」というつぶやきを聞きました。

生き物を飼うということは ここまで覚悟することだと教わりました。