HOME
»
過疎四苦八苦
»
生老病死

過疎四苦八苦

生老病死



「生老病死」という四文字熟語は仏教のことばです。

大方の人は「しょうろうびょうし」と読みます。

聞いた人も そのことばが人生を表現する意味であることを知っています。

ところがまれに 「しょうろうびょうし」といわず 「せいろうびょうし」と読む人もあります。

ここまでは許されますが どこかの学生さんが「なまろうびょうし」と読まれたという話を読みました。

仏教のことばが通用しなくなってきている現実を知らされます。

その人が特別な人ではないと思います。

仏教とか宗教が社会から消えようとしている現実と考えています。