HOME
»
過疎四苦八苦
»
イチローさんのこと

過疎四苦八苦

イチローさんのこと



先日のNHKテレビで イチロー選手が引退を決断される直前に行われた密着取材の様子が放映されました。

その放映を見て あらためて感じたことがあります。

偉大なお方ではあるのですが 私にはなぜか「怖い人」「親しみ難い人」という印象があったのです。

このお方のような人に無礼なことに思えますが 率直にそう思うのです。

そして「なぜそう感じてしまうのか」「そう感じることは 自分に人間としての欠点なのだろうか」ということを考えました。

選手時代のイチローさんは まるで禅僧のように自分に向き合ったお方です。そして結果を出し続けたお方です。

このお方の修行と同じような行動は 私にはとうていできません。

そのイチローさんが ヤンキースに移籍して満足な結果が出なくなったころから 「自分は大勢の人たちに支えられていることを感じるようになった」と話しておられたのです。

そのお話を聞きながら こころの変化が生じていることを感じました。智慧の深まりを思ったのです。

智慧が深くなることは 見えない力が見える 自分を支えている働きがわかるということだと思っているからです。