HOME
»
過疎四苦八苦
»
鯖寿司

過疎四苦八苦

鯖寿司



家人が 仕事の相談に来た人と話していたら 鯖寿司をつくって販売している元職員さんのことが話題になったそうです。

お昼ご飯を食べながら家人の話を聞いていて 40年くらい前に立ち寄った 「鯖寿司がおいしい」というお店のことを思い出しました。

そのお店は 広島県との県境に近い山中の集落にあったのですが 名前も場所もおぼろに記憶しているだけでした。

妙に懐かしくなり 「行ってみようか」と思い立ちました。

二人とも自粛のストレスがあったのかもわかりません。

車を1時間くらい走らせて お店を見つけました。お店は開いていましたが あいにく鯖寿司は売り切れ。

そこが 元職員さんの実家だろうと思って少しお話をしたら それは別なお店で80メートル先だと教えて下さいました。

そこを訪ねて元職人さんにお目にかかり 近況をお聞きしたり 鯖寿司を手に入れました。

その日は噂通りのおいしさを楽しみながら 夕食を終えました。

それにしても なぜこんな山中でおいしい鯖寿司つくりが40年以上も続くのか 不思議な気がします。